#1 金沢 うら田の「箔の音」

一緒に食べた思い出の味、旅先で見つけた小粋なお菓子。
今日はおいしいお供えとともに、お仏壇に手を合わせませんか。

母と私のティータイム

[石川県 金沢 うら田の「箔の音」]

手芸や粘土細工が好きで、いつも手を動かしていた母。
もの静かで騒がしい場所が苦手な母が、唯一連れて行ってくれたのが、地元の花火大会でした。


8月最後の土曜日。夏休みが終わる直前に、毎年その日はやってきました。

母が私に選ぶ服は白や茶色ばかりでしたが、花火大会の日だけは白いお花柄の浴衣に赤い帯をキュッと締めるのがお決まりでした。

履き慣れない下駄を履き、少し背伸びして家を出る。それだけで自分に自信が持てるような気がしました。

初めて金沢に来たあの日、金沢駅の売店で「箔の音」というお菓子を見つけました。

華やかな金色の袋を開けると、薄茶色の丸いおまんじゅうのようなお菓子。
口に入れるとバターの香りがふわりと広がり、カステラの中には、ほんのり甘い黄身あんが入っていました。

柔らかくてやさしくて、心がじんわりあたたかくなる。そして中央にはスッと一筋の赤いライン。
その緊張感ある佇まいに、赤い帯締めの浴衣を着た、幼い自分の姿が重なりました。

そのラインはかつて母がつけてくれた帯締めのように、頼りない自分を導く一筋の光に思えたのです。

封を開けた瞬間の甘い香り、美しいラインに金箔のかがやき。
穏やかさと凛々しさがひとつに合わさったような緊張感のある佇まい。
「箔の音」はキリッと気持ちが引き締まる特別な日のお菓子です。



ふと、母に会いたくなった時、声が聞きたくなった時、「箔の音」を片手に母と私のティータイムは始まります。

いま悩んでいること、考えていること、楽しみなこと。
他愛もないことを一人つぶやきながら、私は心の整理をしているのかもしれません。

日常の中にあってピリッと気持ちが引き締まる、祈りにも似た特別な時間。
それさえあれば、私はまたいつもの日々を取り戻せるのです。

Store information

金沢 うら田

https://www.urata-k.co.jp/

御影店:金沢市御影町21-14
TEL:076-243-1719(代)
営業時間:9:00~17:00(月~土曜)

カステラ生地で黄味あんを包み、
伝統の金沢金箔を添えた優雅なお菓子